未分類

無知の恥

先日当店をご利用頂いている中学生のお客様とこんな話になりました。
将来の夢は?
 
 
 
自分が将来なにをしたいか。どんな仕事をしたいか。そんなイメージってある?
 
「んー、わかんない。」
 
まぁわかんないよね。
今って夜寝る前になにしてる?
 
「勉強かな」
マジか、偉いね。勉強好き?
 
 
「別に…しなさいって言われてるからやってる」
 
 
もし今勉強しなくていい。って言われたら時間あまるよね?他にやりたいことは?
 
「え、怒られるよ絶対。」
 
 
いいから、もしもの話。勉強しなくていいって言われたらなにしたい?
 
「えー、わかんない。とりあえずゲームかな。」
 
ゲームは好き?
 
「まぁ好きっちゃぁ好きだけど友達がやってるからやってる感じは、ある」
 
なるほど、じゃぁゲーム以外に好きなものってなに?
 
「…なんだろ?わかんない。」
 
やりたいことは?
 
「んー…ない。かな」
マジか…
結構小さい頃から来てくれている子だったんですけど、当時はわんぱくで唯我独尊って感じだったのですが最近は角が取れて随分大人びたなーと思ったらなんだか、角が取れすぎて少し寂しい。
やりたいことって小さい時はなんでもやってみたかったもんです。
ボタンがあれば押してみたかったし、紐がぶら下がっていたら引いてみたかった。
それは火傷するって言われてもピンと来ないから、触ってみなければわからない。だから触る。熱い。痛い。泣く。もう触らない。
そうやって大人になっていきましたよね。
僕もライターがあれば火を付けてみたかった。
3歳くらいの時でしたかね?仏壇にあったライターを見つけて心が踊りました。カチカチやってたら火がついて「おおっ!」ってなりました。なにか燃やしてみたいなーと思って近くに何かないか物色し、
そして実家のカーテンを燃やしました。笑
あの時実家で美容師として働いていた方が偶然お昼休憩で二階に上がってきて
「ひろちゃん!なにしてるのっ!?」
と燃え上がるカーテンを消火してくれていなかったら実家は全焼していたことでしょう。
ありがとうおばさん。本当にありがとう。
そのあとめっちゃ怒られましたけどね笑
無知って怖い。
九死に一生スペシャル。他にもたくさんあったなー。
だんだん失敗して、これはダメなんだ。やめよう。って自分で分かっていく感じで成長しますけど、今考えたらよくここまで生きてこれたなって感じます。笑
最近過保護な親御さんや大人たちがあれをやってはダメ、これをやってはダメと。言うおかげで子供のチャレンジしたいっていう気持ちが薄れている。
自立のために自己肯定感を養わせるのだ。
↓という記事を見ました。

三人兄弟の末っ子として育った稲井は二人の兄の行動を見て自分がどのラインまでやったら怒られないかを見極めて自分の行動を決めていました。
こうすれば相手が喜ぶんじゃないか?
こう言ったら怒られなさそうだな。
“人の目を気にする”
そういった行動原則だったためか、(カーテンに火を点けといて何言ってるんだと思いますがw)チャレンジ精神が乏しい子供だったように思います。いや、成長するに従ってだんだんチャレンジすることをしなくなっていました。
勿体無いですね。
いろんな可能性があったはずなのに。
チャレンジって大事。
あの時こうしていれば。
って言う事結構あります。
そういう時たいてい「めんどくさい」「忙しい」「お金がない」だったりするんですけど、後々「やっとけばよかった」ってなるんですよね。
なので、なんかチャレンジ…しようかな。
そうだ。
最近ちょこちょこブログを更新しています。
ただ、結構今までサボっていたのでこれからも更新していきたいなと思ってます。
そしてここからがチャレンジ!
今まで結構サボっていたニュースレターを毎月出します!
以前沢山いたスタッフが辞めてからなあなあになってたやつ。再開します!
これからは少しレイアウトを変えて出そうと思ってます。
よし!頑張るぞっ!
ガンバレワタシっ!

-未分類

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。